漢方外来

漢方外来について

 現在の日本で「医療」と言えば、一般的には「西洋医学」のことを指します。西洋医学では、病気の要因を徹底的に追及し、その原因に応じて治療を行ないます。用いる薬剤は切れ味が鋭く、効果も大きく、非常に優れた医療です。多くの方は、何か身体に異常を感じた時には、まず、西洋医学の治療を受けていると思います。
 しかし、中には、西洋医学の治療をいくら続けても、なかなか治療効果があがらねい方もおられます。これは、西洋医学の苦手とする領域があるためです。まず、「原因の分からない病気」です。西洋医学では「原因に応じて治療する」ことを基本にするために、「原因が分からない」と治療は困難になります。また、(一部例外はありますが)進行ガンのように「原因は分かっても、それを完治させる薬がない」場合もあります。西洋医学の進歩は早く、日々、新しい薬や治療法が発見されていますが、それでも現時点では、すべての病気を完治させるには至っていません。さらに、薬の切れ味の良さは、その副作用の強さとなって現れる場合があり、せっかくの効果的な薬も、副作用のため使用できなくなることもあります。
 一方、東洋医学(漢方)では、「病気の原因」と「病気になった結果、身体に現れている症状や所見」の両方を大切にします。つまり、病気の原因が分からなくても,症状があれば治療法はあるのです。また、進行ガンのように、西洋医学のみでは治療が困難な病気でも、漢方を併用することで治療効果の向上を期待できます。副作用ですが、漢方では長年にわたる使用経験により、副作用が強かったり効果が乏しかったりする方剤は淘汰されており、副作用が少なく効果的な方剤のみが現在に伝えられておりますので、強い副作用が出ることは、非常に少なくなっています。しかし、漢方では、西洋医学にも東洋医学にも、それぞれ「得意とする領域」と「苦手とする領域」があるのです。
 漢方治療を行なう上で、最も気をつけないといけないことは、「西洋医学で治療できる病気が隠れていないか」ということです。例えば、頭痛で漢方治療を続けていた方が、なかなか改善しないので頭の検査を受けると脳腫瘍が見つかった、などということがあれば、取り返しのつかないことになりかねません。ですから、漢方治療を受ける前には、一度は西洋医学の検査を受けることをお勧めします。
最後に具体的な漢方の適応ですが、不定愁訴(つらい症状があるのに、西洋医学的な諸検査では、異常が見られない状態)、悪性腫瘍(主に進行ガンでの、術後の体力回復、抗癌剤の副作用の軽減QOLの改善など)、リウマチなどの自己免疫疾患、アトピー性皮膚炎や花粉症等のアレルギー疾患、更年期障害や不妊症などの婦人科疾患、変形性膝関節症や椎間板ヘルニア等の整形外科疾患、風邪やインフルエンザ等の感染症、などなど、ほとんど全ての疾患に、何がしかの効果が期待できます。

漢方薬とは

 漢方薬も民間薬も、薬草を煎じて作ることが多いので、混同されやすいのですが、今回は、その違いについて少しお話します。漢方薬とは、数種類(多いものは数十種類)の生薬(天然物に、少しの加工を施しただけの薬剤)を、決められた比率で組み合わせが、現代に伝えられています。一部の例外はありますが、通常、単一の生薬で使用することはありません。また、症状だけでなく、個人個人の体質もみて、処方を決定しますが、体質をみる診察方法も、長い歴史の中で培われました。一方、民間薬は、通常、一種類の生薬のみを用い、「下痢止めにゲンノショウコ」などのように、症状のみをみて使用する点で、漢方薬と異なります。
 余談ですが、漢方医学では、現在でも数千年前に書かれた書物が、大切に読み継がれています。有名な葛根湯も、約2000年前に書かれた「傷寒論」という本の中に記載されています。一方、日進月歩の著しい西洋医学では、10年前の本ではもう情報が古くなっており、使い物にならないことも少なくありません。

漢方薬の適応

 漢方薬は、ほとんど全ての疾患に用いることが出来ますが、西洋医学的治療を優先すべき疾患と、漢方を優先してよい疾患があります。早期ガンのように、西洋医学の治療のみで完全にに治癒する可能性の高い疾患を、漢方薬だけで治療するのは問題だと思いますし、一方、進行ガンのように、西洋医学と漢方の両方を、上手に組み合わせて治療を進めるのが、最も患者さんの利益になるのではないでしょうか?
 漢方を積極的に利用したい病態の例として、西洋医学の検査では原因のはっきりしない病態や、結果を得るのが難しい病気などがあります。具体的には、不定愁訴(つらい症状があるのに、西洋医学的な諸検査では、異常が見られない状態)、悪性腫瘍(主に進行ガンでの、術後体力回復、抗がん剤の副作用の軽減、転移の予防、QOLの改善等)、リウマチ等の自己免疫性疾患、アトピー性皮膚炎、更年期障害、変形性膝関節症、花粉症などです。また、風邪やインフルエンザのような、ウイルス性の疾患にも有効です。

漢方薬の副作用

 現在の日本では、医学教育は西洋医学主体で、漢方の教育は充分ではありません。そのため、充分な漢方の知識のないまま医師となり、西洋医学の考えに基づいて、漢方薬の処方することが少なくありません。いわゆる病名漢方(風邪に葛根湯など、西洋医学の病名の漢方薬を処方すること)です。しかし、漢方薬は東洋医学の薬なので、東洋医学の考えに基づいて処方をしなければ、効果が乏しいだけでなく、副作用もでてきます。以前、肝硬変等の肝臓病に小柴胡湯が頻用され、間質性肺炎等の重要な副作用が問題になったことがありましたが、この原因の大部分は病名漢方だと考えられます。現在も、防風通聖散(ナイシトールという名前で販売されていることもあります)という方剤が、「やせ薬」として有名になってきましたが、この方剤も、証(漢方医学の病名)の合わない方が内服すれば、間質性肺炎や肝臓機能障害等の、重大な副作用が出現する可能性があり、危惧されています。
 他にも、黄?の含まれる方剤で間質性肺炎や肝臓機能障害等、甘草の含有量が多い方剤では浮腫や血圧上昇など、地黄の含まれる方剤では胃もたれや食欲不振など、附子の含まれる方剤では口唇のしびれや動悸などの副作用があります。

漢方薬の併用

 西洋薬、漢方薬を問わず薬には相性があり、併用することでより高い効果が得られたり、逆に、お互いの効果を弱めあったり、副作用が出やすくなったりします。
 以前に、漢方薬には多くの生薬が配合されていると書きましたが、この配合割合は実に巧みに決められており、ほんの少しの配合割合の違いや生薬の組み合わせの違いで、全く効能の異なる別の方剤になることがあります。例えば、桂枝湯(主に風邪の初期に用いられる)と桂枝加芍薬湯(主に腹痛に用いられる)では、配合されている生薬の種類は全く同じで、芍薬という生薬の量だけが異なります。つまり、風邪をひいてお腹も痛い時に、桂枝湯と桂枝加芍薬湯を併用しても、併用の効果は期待できません。他にも、構成生薬が非常に似通った方剤はたくさんあり、注意が必要です。逆に、作用の極端に異なる方剤と、石膏(身体を冷やす力が強い)のが入っている方剤を併用すれば、効果が減弱することもあります。また、医療用のエキス剤(生薬を煎じた薬液を顆粒などに加工したもの)では、半分以上の方剤に甘草という生薬が配合されていますが、エキス剤を2剤以上併用した時に、含有する甘草の量の合計が6g以上になると、浮腫や血圧上昇などの副作用が出やすくなります。

妊娠中、授乳中、小児について

 漢方薬は西洋薬と比べると、妊娠中や授乳中にも比較的安全に使用することができますが、薬剤である以上、いくつかの注意点があります。まず、妊娠中ですが・・血剤(大黄、紅花、桃仁、牡丹皮、牛膝など、血液の巡りを良くする生薬が含まれる方剤)は、流早産の危険性がありますので、基本的には服用できません。但し、催奇形性(胎児に奇形を起こす性質)は認められませんので、妊娠に気づかずに服用した場合は、以後の服用を中止すれば妊娠の継続に支障はありません。また、エキス剤では、問題となることは、まずありませんが、附子という生薬の副作用(口唇のしびれや動悸など)が出やすくなります。ただ、より慎重に考えたい場合は、特に器官形成期(妊娠4週~12週?)には、いかなる薬剤も使用しない方が無難です。
 授乳中ですが、大黄の含まれる方剤を内服しますと、乳児」にひどい下痢が出現することがありますが、それ以外の方剤は、普通に服用できます。
 小児につきましては、特別な注意点はありませんが、証を考えた時に、附子剤や補腎剤などは、不向きなことが多いです。小児用量ですが、漢方薬の常用量は、通常、体重50kgを基本に設定されていますので、体重のの比率で量を割り出し、それよりも、少し多めに使用します。

担当医 診療日 時間  
上赤 木曜日 午前9時30~12時 京都府立医科大学 東洋医学講座

内科 のページ
診療科・部門
長浜市立 湖北病院

住所:〒529-0493
滋賀県長浜市
木之本町黒田1221番地

TEL:(代表)0749-82-3315

FAX:0749-82-4877

ページ上へ