サンプル(改造サンプルページ)


 中央検査技術科の「循環器検査(心電図・心臓超音波・ABI/PWV)」をサンプル題材として、ここまでに記述したサンプル機能を組み込んでみました。写真は、現在使用されているものを拡大したため荒く見づらいですが、拡大用に準備した画像であればきれいに表示されます。
 今回は、まだサンプル目的での作成であるためスマートフォンに完全対応していません。


1、心電図

 心電図とは、心臓の筋肉が興奮(活動)する際に生じる電気変化を記録したものです。普通一定のリズムで同じ波形が続きますが、リズムに変化が出たり
、形の違う波形が出現することにより、いろんな心臓病の診断をつけることができます。

標準12誘導心電図
通常の心電図を指します。検査は簡単で、時間も短く全く苦痛の無い検査です。
ホルター心電図(24時間記録心電図)
通常の心電図検査では捕らえられない日常生活中の心電図や、夜間・スポーツ時の心電図変化を調べる検査です。
心電図で調べること(主な疾患)
不整脈(期外収縮・WPW症候群・除脈・頻脈等)
虚血性疾患(心筋梗塞・狭心症)
心臓肥大
2、心臓超音波検査

 胸の上から探触子(超音波の出る部分)を当てるだけの苦痛を伴わない検査です。心臓の各部位の大きさ・動きの異常・心臓の筋肉の厚さ・弁の動きなどを調べます。
心臓病の診断・重傷度の評価・治療効果の判定など幅広い目的で検査されます。
また、血液の流れをとらえ、逆流がないかも調べます。

検査の目的
  • 心電図異常
  • 胸部X線異常
  • 胸痛
  • 動機
  • 手足のむくみ
  • 心筋梗塞
  • 心臓の弁の異常
  • 心臓肥大
3、ABI/PWV
ABI(足関節動脈・上腕動脈血圧比)
 寝た状態で両腕、両足の血圧を測定すると、足首の方がやや高い値になります。
 ところが血管に細いところがあると、そこから下流の血圧は低下し、足関節の血圧/上腕の血圧の比が減少します。 ABI値が0.9以下では、その動脈が狭窄(細い)であることを示します。

ABI検査とPWV検査は、手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表したものです。この検査を行うことにより動脈硬化(血管の老化など)の程度や早期血管障害を検出することができます。

PWV(脈派伝播速度)
 心臓の拍動は動脈を伝わって全身にひろがります。このとき、動脈の壁が硬くなったり厚くなったりしていると、拍動が伝わる速度が速くなります。そこで、動脈上の二ヶ所に拍動を感じるセンサを取り付け、センサ間の距離と拍動の到達時間を測定して、伝わる速さを計算します。多数の調査から、年齢とPWV値との関係がわかっているため、動脈硬化が”何歳相当”か、が判ります。
 PWVの値が13.5以上の場合、動脈硬化の疑いがあるといえます。

動脈硬化の予防
 ABIで動脈硬化の可能性ありという結果がでた人は総コレステロールや中性脂肪の値が高く、善玉コレステロールであるHDLコレステロールの割合が低いという傾向がみられます。血清脂質の異常や高血圧、喫煙、糖尿病、肥満などは動脈硬化の危険因子です。定期的に検査を受けて、動脈硬化の早期発見と治療に努めましょう。

長浜市立 湖北病院

住所:〒529-0493
滋賀県長浜市
木之本町黒田1221番地

TEL:(代表)0749-82-3315

FAX:0749-82-4877

ページ上へ