事業管理者ご挨拶

 

 事業管理者 野田 秀樹

 湖北病院は、平成22年の市町合併により、長浜市病院事業の一翼を担う市立病院として生まれ変わりました。もとより当院は、湖北地域の保健・福祉から医療にいたる幅広い領域において、併設する老人保健施設や特別養護老人ホーム等と連携する中核病院としての長い歴史と伝統があり、その理念「安全で納得のいく医療の提供と連携でつくる安らぎ空間の提供」を堅持しています。

また、へき地医療拠点病院として高齢化が進むわが国にあって最も先進地域であるとの気概をもって、切れ目のない連携体制を構築すべく職員一同努力しているところです。

 医療の場は、常に厳しいなかにありますが、全職種、全職員がプロフェッショナルとしての自覚をもち自己研鑽と人格形成に励み、和と互助の精神をもって楽しく働ける場でありたいと願っています。

 今、当院は人材確保に全力をあげ取り組んでいます。医師は言うに及ばず看護職、介護職、全ての職種で全人的医療を目指し、共に働いていただける仲間を求めています。高齢なご家族の面倒をみながら働くこと、豊かな自然のなかで働くことを望まれる方、これからの医療・福祉を一緒に考えてみませんか。

 また、姉妹病院である市立長浜病院とは人事交流を始め連携し、それぞれの得意領域と伝統を活かした地域完結型の地域包括ケアを模索し実践しているところです。ご支援、ご指導よろしくお願いいたします。

 

ページ上へ