病院の歴史

大正04年07月 伊香郡愛郷会の事業として伊香病院を創設
大正06年12月 伝染病隔離病舎を創設
昭和19年05月 伊香病院を日本医療団に売却
昭和24年05月 日本医療団から買収
昭和24年05月 伊香郡国民健康保険団体連合会直営伊香病院として再開
一般病床 25床
昭和40年05月 「伊香郡町村組合立伊香病院」を「伊香郡病院組合伊香病院」に名称変更
昭和49年05月 人工透析(2床)の開設
昭和50年12月 へき地中核病院の指定を受ける
昭和56年10月 救急病院の指定を受ける
昭和58年03月 「伊香病院組合立湖北総合病院」に名称変更し、新病院を開院する
 病床数変更 
   一般病床 200床
   結核病床  10床
   伝染病床   10床  計 220床
平成元年04月 病院併設型老人保健施設「湖北やすらぎの里」を県のモデル事業として開所
平成05年10月 心身障害児通園事業の移管を受ける
平成07年04月 伊香郡広域総合保健医療福祉センターを開所
平成10年12月 結核病棟を廃止
平成11年03月 伝染病隔離病舎を廃止
平成11年08月 介護認定審査会事務室を設置
平成12年03月 訪問看護ステーションを設置
平成18年06月 湖北総合病院新館 落成
 病床数変更
  一般病床 141床 
  療養病床  57床  計 198床
平成21年11月 病床数変更 
  一般病床  96床
  療養病床   57床   計 153床
平成22年01月 市町合併に伴い「長浜市立湖北病院」に名称変更

ページ上へ