看護の現場紹介

看護の現場紹介
笑顔の絶えない「優しさ」あふれる職場です!

A病棟(一般急性期病棟)
思いやりと優しさを持ち、患者様への真摯な対応を心掛け、患者さまが安心して治療や療養ができるよう目配り・気配り・心づかいを第1に考えた看護を提供しています。

混合の一般急性期病棟です。高齢者や慢性疾患で入退院を繰り返す患者様が多くなっています。入院時より多職種と連携を図り、患者様がスムーズに退院できるよう円滑なチーム医療を目指しています

B病棟(地域包括ケア病棟)
チーム一丸となって在宅復帰をサポートします。

在宅・介護施設への復帰に向け、多職種が連携し、医療・看護・リハビリを行っています。患者様やご家族と積極的にかかわり、安心した療養生活が送れるように退院支援やサービス調整など行っていきます。

R病棟(医療型療養病棟)
急性期治療を終えられた患者さんの療養生活をサポートします。

介護福祉士・看護師・看護補助者・理学療法士が協働で療養生活を支援します。安心と思いやりの看護が提供できるよう、研修報告や勉強会を実施しています。また、介護福祉士を中心にレクレーションを実施し、楽しみのある療養生活を過ごしていただけるよう取り組んでいます。

外来・手術室
地域住民に愛される病院でありたい。


必要な治療が継続できるよう、患者さんやご家族、時には介護支援者に働きかけています。
地域住民に自信をもって外来看護が提供でき、看護師自身も生き生きと働ける職場作りを心掛けています。

透析センター
病棟やコメディカルと連携をとり、透析患者を支えていきたいと考えています。

患者数53名。月・水・金・火・木・土とも22名。時差(月・水・金のみ)は9名となっています。年齢別にみると65歳以下が12%、65歳以上が41%と透析患者も高齢化しています。生命予後の改善やADLやQOLの維持のために運動療法を始めました。

訪問看護ステーション
自分らしく生きることを支援する、それが訪問看護です。

生活の場において症状を判断し、医療行為を行いながら暮らしを維持するための支援をしていくのが在宅ケア。
ご家族を含めたその人の人生に寄り添う姿勢を大切にしています。

診療科・部門
長浜市立 湖北病院

住所:〒529-0493
滋賀県長浜市
木之本町黒田1221番地

TEL:(代表)0749-82-3315

FAX:0749-82-4877

ページ上へ